HOME > 私たちについて > Motoko Hirota
Motoko Hirota

 
  2017年の冬のある日、私は突然仕事に行けなくなりました。ベッドから起き上がれない身体になって、やっと自分の異変に気付いたのはこの時です。そして同時期に長男が中学校へ登校することをやめました。私は「仕事にいく」という選択を、息子は「学校に登校する」という選択を、親子でほぼ同時にもがきながら手放す道を選びました。
 その頃の私についた診断は鬱と睡眠障害。これが、私の大きな分岐点でした。そして、家族全員にとっても大きな分岐点となりました。


 私は、記憶のスタート地点である幼稚園入園の頃から中学生までの時期を比較的孤独感と共に過ごしてきました。家族が問題を抱えていたことから愛着の問題があったことはもちろんですが、理由は他にもありました。私にはこわいものがとてもたくさんあったのです。暗闇、衝撃音、強い光、尖ったもの、高所、閉所、言葉と心の中が違っている人たち、心の通じ合わない人間関係、深い悲しみの気配、居場所の定まらない空間、正体不明の何か…。
 しかし、おそらくそれは「私の感じ方の特徴」に由来するものでもあるということを最近になって知りました。それは、一人ひとりにある「個性」というものが他者と同じように「自分自身にもある」ということを心が深く知った印象的な体験でした。また、同時にその個性を認めて生かしていく道を私が歩み始めるきっかけにもなりました。


 中学時代には出会った恩師の影響で教員になることを決め、そこから比較的迷うことなくその道に突き進みました。大学卒業後からの約20年間、小学校の教員として一般級、個別支援級、学年主任、教科専任、特別支援教育コーディネーター(現児童指導専任)、校内研究主任などの様々な役割を経験してきました。私にとってその年月は、子どもたちの刻々と変化する姿や様々な成長を近くで感じて共に喜び合えた貴重な時間でした。
 またプライベートでは、念願叶って3人の子どもたちの母ともなりました。愛おしさには計り知れない深さがあるのだということを我が子を通して知りました。また、我が子のためならこんなにも頑張れるものだという己の体験を通して、父と母からの大きな大きな愛を今更ながらに実感する日々でした。しかし…。

「仕事もプライベートも充実しているはずなのに、何かが違う。」

 その違和感は私の中に押し込まれたまま時が過ぎ…2017年冬にとうとう表面化しました。
 そこから様々なカウンセリングやセラピー、セミナーや心理学講座、書籍やネットの情報などから必死に学び続けました。そんな私が最後に深く納得して自分と向き合うことを決めたのはスピリチュアルな学びに出会ってからです。

 『スピリチュアルな学びは生き方の学問である』ということを初めて知りました。

 スピリチュアルな学びは決して占いなどではありません。自分らしくあるためにどう生きたいのかを問い続けること、また、問いに対する自分の中にある答えを探す航海の旅を「自分の個性」という船に乗って気楽に楽しめること、そのために学ぶものだと思います。

 現在、私はdivine sourceにてスピリチュアルな学びを深めながら、各種セッション・セミナーを提供しています。悩みや苦しみを抱えている方、自分らしく生きたい方、自分の中にある光をもう一度思い出したい方、気楽に話してみたい方、様々なプロセスをご一緒しませんか。
 あなたの中にある答えを探すお手伝いをさせていただきます。



※現在のセッションメニューはこちら